日常生活の中で考える法律について

私は日常生活を送る上で、法律という言葉をあまり意識する事がありません。日常の会話でも使う事がないかと思います。しかし、他人との間で揉め事が起きたり、交通事故にあった時など、法律ではどのような判断になるのかという事を、私は考えてしまいます。なぜなら、個人が望む解決をいくら訴えたとしても、一般的には法律で決められたルールには誰も勝てないからです。もし、個人の気持ちや考えを双方が押しつけあったとしたなら、一向に問題は解決はされません。解決されないどころか、意見の食い違いからどんどんとエスカレートし、争いが生じるでしょう。そのような事が日常的に起これば、不安定な社会になりますし、立場の弱い人や力の弱い人が損をしてしまいます。そうならない為にも、国で決められた法律があるのです。そして、法律を全ての人が守る為に、守らない人にはペナルティが与えられるのです。普段はあまり意識する事のない法律ですが、ひとたび問題が起これば法律というルールが必ず存在します。それならば、法律を意識しない生活よりも意識した生活をすることが大切ではないでしょうか。問題を起こしてから意識するのではなく、起こす前に意識をしたいものです。