社会に生きる一人一人が法律を学ぶべき時

法律とは、現代の資本主義、民主主義社会において必要不可欠なものですが、簡単に言ってどういうものなのでしょうか。誰もが安心して暮らせるように、基本的人権と言うものが憲法によって定められています。この憲法は法律よりも上に位置するものであり、法律は憲法に基づいて制定されます。ですが、社会的なルールと言うものが必要であるため、基本的人権の場合は、この人権を社会で守るために、法律と言うものが定められるそうです。理想的な社会を作るためのルールのことだと言えそうです。この法律に触れなければ、何をしても良いかと問われれば、それは違いますよね。きちんとしっかりと守ってこそ、成熟した社会が生まれるわけですから、守って当たり前だと言えるでしょう。しかし、大学の法学部に入学しない限り、法律のことを学ぶ機会はありません。そう思うと不思議なことだと、誰もが思うことでしょう。グローバル化と科学の進歩、社会の動きも、目まぐるしく変化している現在では、社会に生きる一人一人が法律のことを学んでおくべきかもしれません。円滑に社会が動くために。